衛生情報

家畜衛生一般

家畜の飼養衛生管理基準定期報告の様式等

 家畜伝染病予防法では、家畜の所有者は、毎年、都道府県知事(農場の所在地を管轄する家畜保健衛生所)へ2月1日時点の家畜の飼養衛生管理状況(農場ごと)を報告することが義務付けられています。

 畜主の皆さんは、定期報告書及び添付書類に該当事項を記入して、家畜保健衛生所に必ず提出していただくよう、お願いします。
・定期報告書及び添付書類の様式はこちらです。

 

家畜の種類 報告期限 定期報告書 添付書類
エクセル版 PDF版 ワード版 PDF版
牛、めん羊、山羊

4月15日

豚、いのしし
鶏、家きん 6月15日
4月15日
複数家畜 4月15日

*小規模所有者(以下の1から4)に該当する場合は、「1 .基本情報」(畜舎及びふ卵舎の数は記入不要です。)について記載のうえ提出して下さい。
1.牛、水牛及び馬にあっては1頭
2.鹿、めん羊、山羊、豚及びいのししにあっては6頭未満
3.鶏、あひる、うずら、きじ、ほろほろ鳥及び七面鳥にあっては100羽未満
4.だちょうにあっては10羽未満

*飼養衛生管理基準、畜種別のパンフレットは以下をクリック
 →牛ほか  →豚・いのしし  →鶏ほか  →

*飼養衛生管理基準についてのQ&A (農林水産省のホームページへリンク)→
  飼養衛生管理基準について、畜産農家向けに農林水産省が作成したQ&Aです。

*家畜伝染病予防法の改正のポイントはこちらです。→

 

広報誌・・・記載先「ひょうごのちくさん広場

 県下3つの家保では、家畜衛生情報の提供や家畜衛生技術の向上と啓発を目的とした広報誌を定期的に発行しています。

 

家畜保健衛生業績発表会・・・記載先「ひょうごのちくさん広場

 本発表会は、家畜保健衛生所の運営並びに家畜の保健衛生に関連した事業・調査・試験研究等について発表・討議を行い、畜産の現況に即した事業等の改善や技術の向上を目的に毎年1回開催されています。

 

特定家畜伝染病防疫指針(農林水産省のホームページへリンク)

口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針

牛海綿状脳症(BSE)に関する特定家畜伝染病防疫指針

高病原性鳥インフルエンザ及び低病原性鳥インフルエンザに関する特定家畜伝染病防疫指針

豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針

牛疫に関する特定家畜伝染病防疫指針

牛肺疫に関する特定家畜伝染病防疫指針

アフリカ豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針

 

食品中に残留する動物用医薬品及び農薬等のポジティブリスト制度について

 平成15年に改正された食品衛生法に基づき、5月29日から、残留農薬等に関するポジティブリスト制度が導入されました。 畜産農家や産業動物獣医師の皆さんは、動物用医薬品の適正な使用について、今まで以上に注意が必要です。
農家向けリーフレットを参照してください。        獣医師向けリーフレットを参照してください。 

 

☆動物用医薬品を正しく使用しましょう!

農林水産省ホームページ

•農場の飼養者の皆様はこちらをご覧ください。
•獣医師の方はこちらをご覧ください。    

 

酪農・肉用牛関係

口蹄疫の発生状況等、常に最新の衛生情報を入手しましょう。

 農林水産省/口蹄疫に関する情報 へ

 

イバラキ病様疾病の発生に注意してください

注意喚起 リーフレット へのリンク

 

牛の管理者(酪農家、肉用牛農家など)の皆様へ

牛トレーサビリティ制度の一部改正にともない、平成22年4月1日から死亡牛の引渡し先の届出が必要になります。
詳しくはリーフレットを参照してください。

 

養鶏関係

鳥インフルエンザの発生状況等、最新の衛生情報を入手するよう、努めましょう。

農林水産省/鳥インフルエンザに関する情報  野鳥については環境省HP

 

県内養鶏農場の皆様へ

本病の発生を予防するため、次の対策を徹底しましょう。

☆  野鳥などの侵入防止(防鳥ネットの補修、点検)
☆  水道水以外の飲水の消毒
☆  踏み込み消毒槽の設置などの一般衛生対策の徹底
☆  関係者以外の鶏舎への立ち入り制限及び進入車両の消毒

今一度 農場でのHPAI発生予防対策 を確認してください。 

 

兵庫県は、高病原性鳥インフルエンザ発生予防のため、さまざまな対策に取り組んでいます。

以下のリーフレットもご確認ください。

「ご家庭で愛玩家きんを飼育している皆様へ」  

「学校等飼育鳥の対応」 

「鳥インフルエンザ対策は十分にできていますか?」 

「家畜の飼養衛生管理基準」 

 

鶏肉・鶏卵は「安全」と考えます (内閣府食品安全委員会の考え方)

全世界に広がりを見せる高病原性鳥インフルエンザについて、正しい知識をもって対応しましょう。
以下のリンクもご確認ください。

鶏肉・鶏卵は「安全」と考えます (内閣府食品安全委員会のHPへリンク)

もっと多くの情報を知りたい場合は (内閣府食品安全委員会のHPへリンク)

 

養豚関係

口蹄疫の発生状況等、最新の衛生情報の入手に努めましょう。

農林水産省/口蹄疫に関する情報

 

国内で豚流行性下痢(PED)の発生が確認されています。
養豚農家の皆様は、衛生管理について一層の注意をお願いします。

豚流行性下痢についての最新情報は農林水産省の関連ページをご覧ください
詳しくは(独)動物衛生研究所の関連ページをご覧ください。

 

草地飼料関係

輸入乾草によるエンドファイト中毒にご注意ください

近年、粗飼料の輸入が増加する中で、ペレニアルライグラスやトールフェスクのストロー(商品名では、イタリアンライグラス、イタリアンストロー、ライグラスストロー、トールフェスクストローなどと呼ばれています)に含まれるエンドファイト(内生菌)が産生する毒素による家畜の中毒事故が発生しています。

リーフレット「エンドファイト中毒に注意しましょう!」をご覧ください。 
さらにくわしくお知りになりたい方は動物衛生研究所のホームページをご覧ください。

 

エンドファイト中毒を避けるために・・・

牛などへのライグラスなどのストローの多給は避けてください。
また、飼料販売業者の方は、これらのストローを販売する際は、多給した場合エンドファイトの産生する毒素により、家畜の中毒事故が生じる場合があるので、多給しないように留意するよう購入者に説明するよう心掛けてください。

 

ナルトサワギクに注意して下さい

ナルトサワギクは、1976年に徳島県鳴門市で、1986年には兵庫県淡路島で確認されたキク科の帰化植物ですが、今般、この植物が家畜に中毒を起こすことが動物衛生研究所のホームページにて情報提供されました。
現在では、本州の中部地方以西から九州にまで拡がっているとのことですので、下記のホームページを参考のうえ、牧場や採草地への侵入に十分注意して下さい。また、これらの植物を観賞用として安易に栽培しないように注意願います。
ナルトサワギクに関する動物衛生研究所の情報 (動物衛生研究所のHPへリンク)