獣医事・人工授精事

獣医事

 獣医療法に基づく診療獣医師の指導や診療施設に係る届出の受理、獣医師法 第22条 による獣医師の就業状況等の把握に努めています。

 

人工授精事

 家畜改良増殖法に基づいて、家畜人工授精師の免許並びに家畜人工授精所の開設の許可等についての業務を行っています。

 

獣医事

獣医師免許をお持ちの皆様へ

 全ての獣医師は、獣医師法第22条に基づき2年ごとに届出が義務づけられています。

 本年度はその届出を行う年になっておりますので、令和2年12月31日現在の状況を

 令和3年1月1日~1月31日の期間にお住まいの地域の家畜保健衛生所に3部提出願います。

  届出様式はこちら

  記入上の注意等はこちら

  記入に関するQ&Aはこちら(農水省ホームページ

獣医療法に基づく届出等の手続きについて

 飼育動物診療施設の開設等(新規開設、届出事項の変更、休止、廃止)をした場合は、獣医療法第3条の規定に基づき10日以内に都道府県知事に届出なければなりません。

 必要書類を当該診療施設を管轄する家畜保健衛生所に提出してください。なお、下記の場合は旧施設の廃止届とともに、新規の開設届が必要ですのでご注意ください。

1.開設者を変更した場合(個人から法人へ変更、親から子へ変更等)
2.開設の場所を移転した場合
3.全面的な改築または建て替え

※ 受理済みの届け(写し)が必要な場合は、切手を添付した返信用封筒を同封してください。

 

届出様式のダウンロード

飼育動物診療施設の開設届出
飼育動物診療施設(往診のみ)の開設届出
飼育動物診療施設の休止届出
飼育動物診療施設の廃止届出
飼育動物診療施設の変更届出

※届出が開設等(新規開設、届出事項の変更、休止、廃止)より10日を過ぎた場合は必要書類と併せて遅延理由書の提出が必要になります。(様式自由)

遅延理由書作成例

 

飼育動物診療施設開設届出内容証明の手続きについて

 証明書の必要な方は、下記の点に注意して必要書類を提出してください。

(必要書類)
1.申請書:家畜衛生等に関する諸証明申請書
  開設者住所や氏名(法人名)等に注意し、必要事項に誤りがないよう記入してください。
  記載事項に誤りがあった場合は、証明書を発行できない場合があります。
  また、申請は開設者に限られます。
  申請書様式    (申請書記入例
2.兵庫県収入証紙
  証明書1通につき手数料420円が必要です。手数料は、兵庫県収入証紙で納める必要が
  ありますので、収入証紙売りさばき所で購入し、同封をお願いします。
  (申請書には貼りつけないでください。)
3.返信用封筒
  送付先住所、氏名を記載し、切手を貼り同封をお願いします。

 

獣医師免許の登録事項の変更、免許証の亡失やき損による再交付及び死亡等の届出について

 獣医師本人またはそのご家族(死亡の届出の場合)が直接農林水産省に申請(届出)を行う必要があります。
必要書類や申請書の様式及び申請方法等についての情報は、農林水産省ホームページの関連サイト をご覧ください。

 

獣医師法第22条の届出について

 獣医師は、2年毎(西暦の偶数年末現在)の届出が義務づけられています。令和2年は届出が必要です。

 

飼育動物診療施設開設者の皆さんへ

  - 「ケタミン」は「麻薬」に指定されています -

 「麻薬、麻薬原料植物、向精神薬及び麻薬向精神薬原料を指定する政令」が改正され、平成19年1月1日以降、ケタミン及びその塩類が麻薬に指定されました。
 飼育動物の診療にあたる獣医師の皆さんが、平成19年1月1日以降にケタミン及びその塩類を含有する医薬品を保有、または使用する場合には、免許が必要です。
 詳細は、各地域の健康福祉事務所(保健所)または兵庫県健康福祉部健康局薬務課薬務対策・捜査班までお問い合わせ下さい。

 

診療簿等の電磁的記録による保存について

 平成17年4月から獣医師法に定める診療簿及び検案簿並びに獣医療法施行規則に定めるエックス線装置の使用状況を記載した帳簿については、電磁的記録の作成・保存が可能になりました。
 しかしながら、電磁的記録についてはさまざまな問題があり、次のような留意事項が農林水産省消費・安全局から示されていますので、作成・保存に当たっては注意願います。
 なお、これは診療簿等の電磁的作成・保存を義務づけるものではありません。
 農林水産省消費・安全局が示した留意事項

 

獣医師法第8条第2項に該当する獣医師の処分について

 このことについて農林水産省消費・安全局から通知がありました。獣医師の皆様には獣医師法をはじめとする関連法を順守していただき、社会的信頼を失うことがないようご留意いただきますようお願いします。

 

動物用医薬品等の副作用情報の報告方法について

 農林水産省動物医薬品検査所の副作用情報データベースの運用が変更されました。飼育動物診療施設の開設者、獣医師等の皆様は、報告方法(動物医薬品検査所ホームページ)を参考にしてください。

 

家畜人工授精事

家畜改良増殖法に基づく申請等の手続きについて

 家畜保健衛生所では家畜改良増殖法に基づいて、家畜人工授精師の免許並びに家畜人工授精所の開設の許可等についての業務を行っています。
 記入方法等のお問い合わせについては管轄する家畜保健衛生所までお願いします。

 

申請書様式のダウンロード

家畜人工授精師 免許申請
免許証書換交付
免許証再交付
家畜人工授精所 開設許可申請
開設許可証書換交付(再交付)
開設許可取消申請

 

家畜人工授精師免許申請

 家畜人工授精師の免許を受けようとする場合は、家畜人工授精師免許申請書に次の書類を添えて提出してください。

1.家畜人工授精師免許申請書  
2.添付書類 
 (1)本人確認できる下記のいずれかの書類(発行後6ヶ月以内のもの) 
    〇戸籍謄本
    〇戸籍抄本
    〇本籍の記載のある住民票の写し
    〇本籍の記載のある住民票記載事項証明書
 (2)講習会の修業試験に合格した旨の証明書の写し
 (3)視覚、聴覚、音声機能若しくは言語機能、上肢の機能若しくは精神の機能の障害又は
    麻薬若しくは大麻の中毒者であるかどうかに関する医師の診断書
    (発行後6ヶ月以内のもの)(様式例   )
 (4)法第17条第2項第3号に該当しない者にあってはその旨を記載した書面
    (誓約書 様式例   )、同号に該当する者にあってはその確定判決謄本
 3.手数料
  兵庫県収入証紙 1,800円分(消印はしないでください)
 

 

家畜人工授精師免許証書換交付申請

 家畜人工授精師は、家畜人工授精師免許証の記載事項に変更を生じたときは、免許証の書換交付を申請しなければなりません。書換交付を申請される場合は、家畜人工授精師書換交付申請所に次の書類を添えて提出してください。

1.家畜人工授精師免許証書換交付申請書  
2.添付書類
 (1)家畜人工授精師免許証
 (2)新たに免許を受ける業務に係る講習会の終業試験に合格した旨の証明書の写し
    (家畜の種類及び業務を追加するとき)
 (3)戸籍謄本又は戸籍抄本(発行後6ヶ月以内のもの)
    (本籍地又は氏名に変更があったとき)
 (4)住所地を確認できるもの(住所に変更があったとき)
    (持参の場合は運転免許証など。郵送の場合は住民票(発行後6ヶ月以内のもの))
3.手数料
  兵庫県収入証紙 1,700円分(消印はしないでください)

 

家畜人工授精師免許証再交付申請

 家畜人工授精師は、家畜人工授精師免許証を汚し、損じ、又は失ったときは、免許証の再交付を申請しなければなりません。再交付を申請される場合は、家畜人工授精師免許証再交付申請書に次の書類を添えて提出して下さい。

1.家畜人工授精師免許証再交付申請書  
2.添付書類   家畜人工授精師免許証(免許証を汚し又は損じた場合)
3.手数料
  兵庫県収入証紙 1,700円分(消印はしないでください)

 

家畜人工授精所開設許可申請

 家畜人工授精所の開設許可申請をされる場合は、家畜人工授精所開設許可申請書に次の書類を添えて提出してください。

1.家畜人工授精所開設許可申請書  
2.添付資料
 (1)家畜人工授精所を管理する獣医師または家畜人工授精師の免許証の写し
 (2)建物の平面図、配置図、付近の見取り図
3.手数料
  兵庫県収入証紙 5,700円分(消印はしないでください)

 

家畜人工授精所開設許可証書換交付(再交付)申請

 家畜人工授精所の開設者は、家畜人工授精所開設許可証の記載事項に変更を生じたときは許可証の書換交付を、許可証を著しく破損、又は亡失したときは許可証の再交付を申請しなければなりません。書換交付(再交付)を申請される場合は、家畜人工授精所開設許可証書換交付(再交付)申請書に次の書類を添えて提出してください。

1.家畜人工授精所開設許可証書換交付(再交付)申請書  
2.添付書類
 (1)家畜人工授精所開設許可証
 (2)家畜人工授精所を管理する獣医師または家畜人工授精師の免許証の写し
    (管理者に変更があったとき)
3.手数料
  兵庫県収入証紙 1,700円分(消印はしないでください)

 

家畜人工授精所開設許可取消申請

 家畜人工授精所を廃止される場合は、家畜人工授精所開設許可取消申請書に次の書類を添えて提出してください。

1.家畜人工授精所開設許可取消申請書  
2.添付書類 家畜人工授精所開設許可証

 

家畜人工授精師養成講習会

 家畜改良増殖法第16条第2項に規定する「家畜人工授精師養成講習会」は2年毎に開催
 されます。次回は令和2年度の予定(西暦の偶数年度毎、家畜の種類:牛)

------------------------------------

【参考】

 平成30年度 の家畜人工授精師養成講習会は下記のとおり開催されました。

 1 開催場所  兵庫県立農林水産技術総合センター 農業大学校
         (加西市常吉町荒田 1256-4)
         農業大学校への交通アクセスは こちら をご覧ください。

 2 開催期日  平成31年2月1日(金)から3月4日(月)
         (土、日および2月28日、3月1日は休講)

 3 受験対象者 家畜人工授精師の免許を取得しようとする者 おおむね30名
         ※ただし、予定人数を大幅に超える場合、県立農業大学校生等以外の受講希望者に
           ついては、県内で畜産関係職に従事する者および県内在住者等を優先的に選抜する
           こととし、抽選により受講者を決定します。

 4 願書の提出期限 平成30年12月20日必着

------------------------------------

 受講を希望される場合は、次の書類を 兵庫県内在住の方は 管轄の家畜保健衛生所に、
                   県外在住の方は 畜産課 に提出してください。

1.受講願書  
2.戸籍抄本(発行後6ヶ月以内のもの)
3.履歴書
4.手数料
  兵庫県収入証紙 20,000円分(県外在住の方は畜産課にご相談ください)

*ご不明な点は、県内在住の方は管轄の家畜保健衛生所
        県外在住の方は 畜産課 にお問い合わせください。